×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンションを高く売るパートナー選び

不動産を高値で売るための一番重要なポイントは、不動産屋さん選びだと思います。
不動産屋さんによっては、どのような不動産の売却に強みを持っているかや、懐と言いますか、規模によって、いろいろな売却ルートを持っている不動産屋さんがあります。
多くの売却ルートを持っている不動産屋さんは、場合によっては良いのですが、場合によっては利益を追求するだけで売り主に利益が出ない可能性があるので注意です。
あまりルートを沢山持っていない場合は、それでも、狭い市場だけでの取引だと高く買ってくれる人が出てこない場合があります。



不動産仲介会社の見極めはどうするのが良いのか?

マンションを高く売るパートナーを選ぶためには、
まずは良い不動産仲介会社の見極め方を学びましょう。
大切なことは、不動産屋さんとまずはお話してみて、
その営業さんのお話を話半分で聞きます。
そして、必ず不動産屋さんに質問をしてみましょう。
その質問に対して、営業さんが真摯に答えてくれるかどうか?
そして、どの程度わかりやすく説明してくれるか?
また、専門的な知識を持っているか?
など、お客様への対応によって、その不動産屋さんの質がわかります。
なによりも、その不動産屋さんの実績を知りたいところですね。
相場よりも高く売った事がどのくらいあるのかについて、質問してみましょう。
不動産は、広告を出せば、ある程度需要がありますから、
取引実績が豊富にあっても、相場より安く売っていたのであれば、
売り主にとっては意味が無いですね。
このように質問した場合、答えてくれない場合もあることでしょう。
その場合は、相場より高く売ろうとしていなかったり、
適正な価格で売る事を目指している
不動産屋さんもあります。
そのような不動産屋さんでは、相場より高く売ることは難しいかもしれないです。
それでは、相場よりも高く売る実績のある不動産屋さんに対しては、
どのような方法を用いて高く売っているのかをチェックしましょう。
必ずそこにはノウハウがあるはずです。
高く売るには、戦略や対策が必要で、頭をつかう必要があります。
営業さんの気合と根性で売る様な体育会系の不動産屋さんは多いのですが、
私が見ている限りでは、あまり成果が出ていないように感じます。
そして、不動産を露出させる広告の種類が多ければ多いほど有利になります。
たとえば、インターネット、店頭、オークション、雑誌、駅前広告などです。
たいていの不動産屋さんはこのうちの一つしか媒体を持っていません。
そのために、時間がかかってしまったり、値引き交渉をされたりします。
そうなると、相場よりも高く売れないことがほとんどです。
先ほど上げた5つのうちの最低3つは媒体を持っている不動産屋さんに
仲介してもらうようにしたほうが良いでしょう。
高値で売るための仕組みやシステムは、不動産屋さんのノウハウとして、
もっている場合がほとんどですので、そういったことも聞いておくのも良いでしょう。


マンションをオークションで高く売る